信楽は、日本六古窯の一つで1250年の伝統を誇る日本最古の産地です。その始まりは、天平14年(742年)聖武天皇が紫香楽宮の造営に着手されたときに、布目瓦、汁器の須恵器を焼かれたことに始まり、その後、水がめ、種壷、茶壷、茶器、徳利、火鉢、植木鉢など大物から小物に至るまで信楽焼独特の「わび」「さび」を残し今日に至っています。
古代日本の歴史から見ると信楽は朝鮮文化の影響を受け、日本の文化として栄えていた近畿地方の中心にあり、古代の主要道になっていたことや焼きものにふさわしい土がたくさんあったことから、当時の天皇が宮を造営するには理想的な土地たったのです。(参考のために、現在奈良にある大仏は当初信楽に建立される予定でした。)
時代別では、室町・安土・桃山時代には茶陶が盛んになり、さらに江戸時代には茶壷の生産が盛んとなり、商業の発達に伴い、日用の雑貨類(梅壷・みそ壷・徳利・土鍋等)が造られるようになりました。
明治時代になると、うわぐすりが研究され火鉢生産が盛んになり昭和30年代前半まで主製品(日本国内のシェアは約80%位)でした。その後、植木鉢や花瓶等が生産され現在に至っている。
最近は、傘立・タイル・庭園用品(テーブルセット・燈籠・照明具)・食器・置物などいろいろと生産されています。中でも「狸」の置物は有名です。
以上のように信楽焼はたいへん古い歴史を持ち、国により昭和51年伝統的工芸品として指定され、信楽は陶器の町として全国に知られています。 



自然釉:うわぐすりをかけないで焼く。灰が溶けて自然にうわぐすりをかけたようになる。(ビ-ドロ釉という)
火 色:焼成することによって表面にほの赤く、あるいは薄いかき色のような色になる。
焦 げ:薪の灰に埋まる部分が黒褐色になった溶岩のような色になる。

これらが登り窯・穴窯における信楽焼の特徴であり、「古信楽」と呼ばれる信楽特有の土味を発揮して、素朴で暖かい情感を表わしています。
他にも植木鉢や火鉢に見られる「なまこ釉(日本海の海の色-濃青-に近い)」、また、絵付の商品が少ないためか釉薬の種類が多く、大物造りの成型、乾燥、焼成技術なども信楽焼の代表的な特徴です。